About Essential Oil

ヒーリングエッセンスの

​エッセンシャルオイルについて

オーガニックエッセンシャルオイルと

国産天然エッセンシャルオイルをご紹介しています

​オーガニックエッセンシャルオイルについて

各種ボトルでご紹介の海外産のエッセンシャルオイルは、ACO(Australian Certified Organic)の認証を受けたオーガニックエッセンシャルオイルです。 

オーガニックエッセンシャルオイルとは、生産から流通まで、遺伝子組換え種子または苗、化学肥料・農薬等の合成化学物質や生物薬剤、放射性物質等を使用せず、出来るだけ地域の資源を活用し、自然が本来有する生産力を尊重した方法で栽培された農作物から抽出したエッセンシャルオイルをいいます。  オーガニック農産物の生産基準は世界的に統一されています。生産者がオーガニック農産物を作るためには、事前に土壌に含まれている成分を調べ、化学物質の有無の検査等、最低3年間の管理が必要です。その管理結果を、検査機関が「適正」と判断して、初めて生産者はオーガニック農産物を栽培することができます。オーガニック農産物の生産は、農薬や化学肥料を使わないために多くの手間がかかかるのです。オーガニック農産物は統計的に単位面積あたりの収量が低い傾向にあります。

しかし、生命力あふれる植物から採取されたエッセンシャルオイルは格別の香りで、ヨーロッパでは医薬品としても使用されている国もあります。

ラベンダー真正

Lavender

Linalool: 32.78% 

Linalyl : 27.84% 

Cis-Ocimene 4.02%

Beta Ocimene 2.30% 

Linalyl propionate 1.32%

フランキンセンス

Frankincense

a-Thujene  63.22%

​Sabinene  5.72%
a-Pinene   5.25%
Delta-3-Carene  5.33%

p-Cymene  4.90%

エッセンシャルオイルの​主な成分について

ベルガモット

Bergamot

Linalyl acetate 26.71

Limonene  45.18 

g-Terpinene 7.84 

b-Pinene 7.67 

Principal constituents

ゼラニウム

Citronellol  34.64% 

Geraniol  13.89%

Iso-Menthone  6.32% 

Linalool  4.27% 

ティーツリー

Tea tree

Terpinen-4-ol 37.15%

g-Terpinene 19.04%

a-Terpinene 9.23%

1,8-Cineole 4.59%

a-Terpineol 3.41%

Terpinolene 3.33%

p-Cymene 2.93%

a-Pinene 2.25%

ユーカリ

Eucalyptus radiata

1,8-cineole 71.19%

a-terpineol 6.84%

d-limonene 6.61%

a-pinene 2.78% 

b-pinene 2.33%

サイプレス

Cypress

a-Pinene 54.44% 

Delta-a-carene 23.14% 

d-limonene 3.62% 

Terpinenyl acetate 1.57% 

カモミールローマン

Chamomile Roman

Isobutyl angelate 32.58%

2-Methylbutyl-angelate 19.74%

Methyl-allyl-angelate 7.49%

Isoamyl angelate 5.44%

Isobutyl isobutyrate 4.01% 

​日本国内産のエッセンシャルオイルについて

日本国内の公的有機認証である有機JAS制度が食品を対象としているため、国産精油で有機認証を取得する場合、民間認証を取得される事業者もいますが、件数は限られています。

 

ヒーリングエッセンスでは、国産エッセンシャルオイルの取り扱いに関し、下記の基準を設けています。

①生産環境と生産工程において、化学的成分等の異物混入のリスクがないと判断されること。

②森林自然資源等を活用し、精油生産を行う場合、森林資源等の管理・保護が行われていること。

③精油原料の生産工程において、化学的肥料、化学的農薬を使用しないことが確認されていること。